2017年02月24日

かわいらしい匂い袋、入荷しました☆

かわいらしい匂い袋が入荷しました。

匂い袋7.jpg

小袖をイメージした、手のひらサイズの匂い袋です。


またこちらは、モダンな幾何学模様の西陣織で作られた

匂い袋。

匂い袋4.jpg


匂い袋3.jpg


カジュアルな印象なので、若い方にもおすすめです(*^^*)



また、伝統的な金襴生地の匂い袋もたくさん入荷していますので

お好みの色や柄からチョイスしていただけます。


匂い袋6.jpg


いずれも、パッケージも素敵です。

匂い袋1.jpg


匂い袋5.jpg


春は、卒業やお祝い、異動などの季節。

ちょっとしたお返しや、記念の品として

いかがでしょうか?


お値段は、600円前後。

ホワイトデーのお返しに添えても

喜ばれそうです



もう少しご予算がある場合は

こちらの、防虫香がセットになったタイプは

いかがでしょう。

匂い袋8.jpg


天然の香原料でつくられた防虫香は

タンスの中にはもちろんのこと、

ひな人形や盆提灯などの保管の際にも活躍します。




目で見てもかわいく、落ち着いた香の匂い袋、

ご自分用にもぜひ(^_^)/

匂い袋2.jpg



posted by ささき仏壇店 at 14:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

店内イベント 法話「なぜ お葬式をするの?」を終えて…

なぜお葬式をするの?

結論は「人間だから」と教えていただいた。

日本の風土には全てのものに神、仏が宿る…と

教えていただいた先人の智慧は

現代を生きる私たちに

「安らぎ」「丁度良い加減」「目に見えないものに対するお蔭様」

の心を育てていただいた。


家族を亡くした喪失感、寂しさ、悲しみ、戸惑いは

お葬式をする事によりついてくる。

初七日〜四十九日法要

初盆、ご法事…

この儀式は残された者にとって

遠ーくに行ってしまった故人が

法話を聞いたり、集まった人達の言葉を何度もいただいているうちに

だんだん自分の心に戻ってきてくれる。


さざ波立った心がスゥーッと鏡の面のように

穏やかになり、やっと自分を取り戻す。


故人も自分も仏様に委ねる。

何とも言えない安心感に包まれる。


本当は「お葬式」ってこれから生きていく者の

心を支える儀式ではなかったのかな!? と思えた。


あとがき…
今回の法話を聞いていただいた方々もそれぞれの「お葬式」を

感じてくれたことと思います。

「想い」は人それぞれ…間違ったことなどありません。

なによりも故人を「想う」心が大切です。
posted by ささき仏壇店 at 17:11| Comment(0) | 店長から伝えたいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

店内イベント 法話「なぜお葬式をするの?」

先日、店内2階の和室スペースにて

第2回目の店内イベントを開催しました。


なぜお葬式をするの?2.JPG


なぜお葬式をするの?3.JPG


なぜお葬式をするの?7.JPG


なぜお葬式をするの?4.JPG


「なぜお葬式をするの?」というテーマで、

大分市坂ノ市 妙蓮寺の 蓮谷啓生副住職を

講師にお迎えし、14名の参加者の皆さんと

法話に耳を傾けるひととき。

なぜお葬式をするの?8.JPG


子どもやお孫さんから

「お葬式ってなぜするの??」

と、尋ねられたら明確に答えることができますか?


お葬式には何度も参列し、

どういうものかわかっているつもりでも、

改めて意味を問われると、答えるのが難しいかもしれませんね。



ネアンデルタール人の時代の埋葬を調べてみると

お骨の周りには大量の花粉があったそうです。

悲しみや、死後どうなるのかの不安を抱えながら

花を供えて弔ったのでしょう。


そして、現在の日本では、特に都会のほうでは

お葬式をしない方が増えているそうです。

病院で亡くなり、直接火葬場へ。

しかもその割合はなんと3割。

そして、お骨を宅配する「送骨ビジネス」

も存在するそうです。


誕生日や、成人式などなど、さまざまな通過儀礼をとおして

新たな自分になる節目を過ごしてきた私たちが

「葬儀」というその人の最期の儀礼をなぜ省略するのでしょう。


経済的な理由や、家族や周囲の人に迷惑をかけたくない

など、理由はさまざまあるのかもしれませんが

「人間、死んだらおしまい」

という考え方が背後にあるのかもしれません。



科学技術の進歩の中で

日々の生活を営む私たちですが、

いよいよ死を迎えるその時に

何か曲を聴けるとすれば

「うさぎ追いしかの山〜」

の、「ふるさと」を聴きたいと思う方が多いそうです。

「死んだらおしまい」ではなく、

「ふるさと」を求める。


懐かしい、海や山、生まれ育った家や家族・・・

帰っていく場所を私たちは求めるのかもしれません。


若い時や、自分や周りの人が健康な時には

死んだらどうなる?

などということはあまり考えないことかもしれませんが、

お通夜やお葬式やお盆などの仏事、お参りや肉親の死をとおして

仏様との縁をいただくことは、

愛別離苦(あいべつりく)の苦しみや悲しみの中に生きる

私たちにとって、大切な機会となるかと思います。


蓮谷副住職は、

「なぜお葬式をするの?」という問いに対して

人間だから。また、愛別離苦の苦しみ悲しみの中に

生きている私たちだからこそ

しなくてはいけない  のではなく、

せずにはいられない  のではないか。

残された家族に迷惑をかけるどころか

大切な子や孫のいのちを

根底から支えていくことになります

と、教えてくださいました。



1時間ほど法話をお聴きしたあとは

おいしいお菓子とお茶とともに

ざっくばらんに質疑応答タイム。

なぜお葬式をするの?9.JPG


笑いあり、涙あり

の有意義な時間となりました。



これからも、店内にて

ワークショップや、お話を聴く会

を開催していく予定です。


お楽しみに(*^^*)










posted by ささき仏壇店 at 17:00| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

☆店内イベント第2弾のお知らせ☆「なぜお葬式をするの?」

「なぜお葬式をするの?」

という素朴な疑問。

例えば、子どもさんやお孫さんから質問されたら、

どのように答えますか?


何となくは知っているけれど、

改めて意味を聞かれると答えに困ることが

仏事には多いかもしれませんね。


そんな仏事に関する

「なぜ?」  や

「おかげさま」 について

当店2階の和室スペースの

和やかな雰囲気の中で

一緒に学んでみませんか?



2月15日(水) 14:00〜16:00
講師は、妙蓮寺副住職 蓮谷啓生先生
参加費は、お一人 ¥1,000 です。

ささきイベント2017.2.jpg


仏教や仏事について

副住職にお話いただいた後は、

参加者の皆さんとのティータイムも

予定しています。


仏教や仏事に関しての

疑問や不安を解消できるチャンスです!


お友達同士はもちろんお一人でも

お気軽にご参加くださいませ。

ちなみに和室での開催ですが、

椅子の用意もありますので

正座がきびしい方もご心配なく!


スペースに限りがありますので、

先着15名とさせていただきます。


なお、申し訳ございませんが

お子様の参加はご遠慮くださいませ。


お問い合わせ、お申込みは

店頭 もしくは、お電話にてお願いいたします。

ささき仏壇店
大分市中鶴崎1-1-38
(097)521-2424







posted by ささき仏壇店 at 22:20| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

ビハーラ研修会 告知

まだまだ寒い日が続いてますね。

皆さん風邪などひいていないでしょうか?


1月は行く、2月は逃げる・・・

といいますが、まさにその言葉通り、

ブログの更新をしないまま、あっという間に

1月が過ぎてしまいました。(*_*)


そんな久しぶりのブログですが、

本日は、講演会のご案内です


スキャン_20170201.png

2月25日(土)13:30〜17:00
大分県立総合文化センター 音の泉ホール にて

「仏教と医療の協力関係」というテーマで、

講演会と、パネルディスカッションが開催されます。


スキャン_20170201 (2).png



パンフレットの中にあります「ビハーラ」という言葉、

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、

サンスクリット語で

「僧院(寺院)」「心身の安らぎ」「休息の場所」を意味するそうです。


「仏教」ときくと、お葬式や死をイメージし、

「仏教」と「医療」は、関わりが薄いように

感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

仏教の教えは、生・老・病・死の苦悩を課題とし、

心身の安らぎをもたらすもの。

病の苦しみや死の不安を抱える患者さんや家族

と向き合いケアをする、医療・福祉の分野と、

実は密接な関わりがある

といえます。


そのような中で、

仏教・医療・福祉の各分野が連携し、

「生老病死」の悲しみや苦しみを抱えた人々を

全人的に支援・ケアする活動のことを、

「ビハーラ活動」といいます。



苦しみや悲しみを縁とし、

自身の人生の意味を振り返る

貴重な時間となるのではないか

と思います。


勧誘などの活動ではありませんので、

他宗派の方や、特に宗教に関心がない方でも

安心してご参加くださいませ。


入場整理券は¥1,000です。

当店にてもお取り扱いしております。












posted by ささき仏壇店 at 17:15| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする