2017年11月28日

2017年11月27日のつぶやき




posted by ささき仏壇店 at 00:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

2017年11月26日のつぶやき


posted by ささき仏壇店 at 00:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

尋聲寺本堂落慶法要

みなさんお寺に行ったことはありますか?

初詣や七五三などで神社に行くことはあっても
お寺に行く機会は少ないと思います。


今回ご紹介させて頂くのは三佐地区にあるお寺の尋聲寺(じんしょうじ)さん!
11月19日尋聲寺さんの本堂落慶法要のお手伝いに参加させて頂きました。

image24.jpegimage12.jpeg


本堂を立て直し以前の木造瓦吹き屋根造りからコンクリート造りの本堂へ!
シンプルでモダンな本堂へ様変わり!!

image1.jpeg

正面に見える「林山」の彫文字‼
なんと彫った文字の上に金箔を貼っています。
近くで見るとかなり大きく迫力があります👀


本堂の中は荘厳で外とは空気が違うことが実感できます。

image155.jpeg


ここで多くは見せられませんが修復を施したご本尊や十六羅漢など
それらを造った昔の人の想いや技術を感じられます。

写真には写っていませんがとてもイケメンな菩薩様もいらっしゃいます!!
必見です!!


それと同時に稚児行列も行いました。
それぞれの稚児衣装を身にまといねり歩きました!!


本堂落慶法要による稚児行列は一生に何度も経験できるわけではありません。
子供たちの晴れ姿はみんなとてもかわいかったです✨

image23.jpeg


お寺では1年を通して様々な行事を行っています。
門徒さんでなくとも参加できる行事もたくさんありますので
気軽にお近くのお寺さんに問い合わせて行ってみてはいかがでしょう❗❗


新しい発見や経験をすることができると思います!
posted by ささき仏壇店 at 12:53| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

来年は戌年

年賀状の用意を始める時期になると

意識するのが来年の干支。

2018年は戌(いぬ)年ですね。


ところで、干支の表記は

「鼠」ではなく「子(ねずみ)」ですし
「牛」ではなく「丑(うし)」、
「犬」ではなく「戌(いぬ)」。

どうしてなのか、気になったことはありませんか??


干支といえば、「動物が競争して12位までの順番が決まった」

という話が有名ですが、実は、もともと干支は動物ではなく

「植物の成長過程を12の周期で表したもの」なんだそうです。



つまり・・・

芽が出て→生長して→花が咲き→実がなり→枯れて→また再生する

という自然のサイクル。


ちなみに、
来年の「戌」は、「滅」の字からきているそうです。

「滅」→→→  「滅びる」

なので、何となく縁起が悪いイメージがわきますが

植物のサイクルとしては「草木が枯れ果てる」というタイミング。


ちなみに、

今年の「酉(とり)」は「実が熟しきった状態」
そして来年の「戌(いぬ)」で「枯れて土にかえり」
再来年の「亥(いのしし)」で「生命力が種に閉じ込められ」
その翌年の「子(ねずみ)」に「子孫を増やす種子となり、次の力を蓄える状態」
そのまた翌年の「丑(うし)」に種から発芽し土を押しのけようと
曲がっている状態に
・・・


という周期です。
(諸説あるようです)


何事も、実ったものがずーーーーっと永遠にそのまま・・・

ということはなく、時期がくればリセットされ、

再生にむかう

というのは自然の摂理。


来年の「戌」にちなんで、

2018年は、自分にとって大切なもの・そうでないもの

を吟味して、不必要なモノやコトは一旦手放し

リセットしてみる1年にしてみるのもいいのかもしれませんね。





前置きがかなり長くなりましたが、

毎年この時期にご案内しております

干支の「香り袋」や「香炉」などのご紹介です☆☆☆


干支香袋 戌.jpg


新春の華やいだ雰囲気にぴったりの香り袋。

首元の五色の飾りも縁起よし。

上品でさわやかな香りがふわりと広がります。




こちらは、蝶と遊ぶ犬のほのぼのとした情景が描かれた

磁器製京焼干支香炉。

干支香炉 戌.jpg


玄関やリビング、床の間などのスペースが

お正月らしく引き締まります




「戌」には、安産や子どもの元気な成長を祈るいわれもあります。

来年、出産を控えている方には

なおのこと縁起がよいですね




入荷は11月下旬を予定しておりますが、

毎年、お歳暮やお年賀の品として

ご好評いただいております。


数量限定商品となっておりますので、

お早目にご用命くださいませ



また、お正月にはまだ気が早い・・・・

という方向けにこんなかわいらしいタペストリーをご紹介♪


細タペストリー サンタ.jpg

クリスマスツリーを出すよりも

シンプルに、クリスマス気分を味わえます


横10p×縦170pの細長いタペストリー。

スリムなので飾る場所を選びません。



香袋や香炉、タペストリーは

ご進物としても、ご自分の楽しみ用としても

どちらもオススメです。


ここのところ、急に寒くなってきました。

冬を迎えるご準備にいかがでしょうか










posted by ささき仏壇店 at 17:25| Comment(0) | 季節の品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

「喪中お見舞い」

11月も早いもので中旬に入りました。

店内から見える、鶴崎駅前のイチョウの木も

紅葉の季節を迎えています。

景色.jpg



11月に入ると届き始めるのが「喪中はがき」。


懐かしい方の訃報を喪中はがきで初めて知ったとき、

どのように対応するのがよいのか

迷われたことはないですか?



今さらお香典をお送りするのはためらう・・・

年賀状を控えるだけでは何となく心苦しい・・・

でも、お悔やみの気持ちを伝えたい!


そんな時には、「喪中お見舞い」として

故人を悼む気持ちを香りに託して

お線香をお贈りするのはいかがでしょう。


喪中見舞い2.jpg


白檀や沈香など、香木の落ち着いた香りのものや

桜や梅、ラベンダーなどフローラル系のはなやかな香りなど

お好みやご予算に応じてさまざま取り揃えております。


喪中見舞い1.jpg


年末が近づくにつれ何かと気忙しくなる頃です。

お近くにお越しのついでにでも、

お気軽にお立ち寄りください

















posted by ささき仏壇店 at 14:48| Comment(0) | お線香・お蝋燭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

富山のものづくり技術

早いもので2017年ももうあと1ヵ月とちょっと…

日々様々なニュースが飛び交っています。
最近の気になるニュースは…トランプ大統領が就任してから初来日!!

色々世間を騒がせているトランプ大統領ですが…
安倍総理からのトランプ一家へのプレゼントの中に気になる一品が!


大統領には金のテーブルランナー
メラニア夫人には錫製のブレスレット
イバンカさんには化粧筆セット


すべてがmade in 日本🗾❗
その中でもメラニア夫人への錫製のブレスレット!!
知ってる方もいるかもしれませんがこれは日本が誇る高岡の技術製品なのです。


残念ながら「ささき」で取り扱うメーカーさんではなかったですが…💧
日本の伝統技術が世界に披露されました!!


「ささき」で取り扱う錫製品は富山県高岡市の「能作」製品

logo-1.png

錫を100%使用し様々な製品を作っています。
錫100%で形にするにはかなりの高等技術が必要になります。

th0HY36YN8.jpg2.jpg

錫製のぐい呑みや縁起物の結びきりをモチーフにした箸置きなど様々👀

錫は強い抗菌作用を持っているので水は腐らず、お酒はよりまろやかになると言われています。


そしてもう一つの特徴が゛曲がる゛です❗
錫という金属は非常に柔らかく厚みにもよりますがどんな形にも曲がります。

naire-nousaku-013.png

曲げるときに出る゛ビキビキ゛という音はT㏌ Cryと呼ばれ錫の分子が擦れ合う音です。
お祝いなどの贈り物に日本伝統のものづくり技術などいかがでしょうか。


あとがき
これを書いている本人はお酒が飲めないので…
お酒がまろやかになるかは試してからのお楽しみです!

posted by ささき仏壇店 at 15:06| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

「想う気持ちが様々だから 供養のカタチも様々に」


こちらの写真、何に見えますか??

ソウルジュエリー14.jpg


見た目としては、シンプルな三日月型のネックレス。



でも、実は「ソウルジュエリー」といって

遺骨や遺灰を納めて身に着けるために作られたものなのです



ソウルジュエリー2.jpg



ソウルジュエリー.jpg



ソウルジュエリー11.jpg




家族、兄弟、両親、夫婦・・・。

最愛の人が帰らぬ人になってしまった悲しみは

耐えがたいもの。


最愛の方の遺骨や遺灰を身に着け、

そばにいてくれていることを感じることで

少しずつ、少しずつ、悲しみが癒えれば。。。。



また、価値観や生活スタイルの変化に伴い、

これまでの、お仏壇やお墓にお参りする以外の供養の方法として、

さまざまな「ソウルジュエリー」が登場しています。



身に着けられるジュエリータイプだけではなく、

携帯できるタイプや、ミニ骨壺、フォトスタンドタイプなど。


ソウルジュエリー1.JPG



ソウルジュエリー5.JPG



ソウルジュエリー3.JPG



ソウルジュエリー4.JPG


形見を収納する使い方も。

一見、骨壺には見えませんよね。





また、こちらのフォトスタンドは、裏側にプチポットが

セットされています。


ソウルジュエリー7.JPG


ソウルジュエリー8.JPG


ソウルジュエリー9.JPG


ソウルジュエリー10.JPG



お出かけの際には、携帯できるようになっています。



「いってきます」 や

「おやすみなさい」 などと

そっと声をかけながら、

大切な人を大切に想いながら暮らすこと。


いつもそばで見守ってもらっている安心感を

感じながら暮らすこと。


見えない絆を感じることで、

前向きになれることは、大いにあると思います。





ごく少量の遺骨を形見として手元におくことは、

公にも認められており、分骨証明書などの手続きは

必要ありません。






手元供養.jpg




故人を想う気持ちはさまざま。

その想いに寄り添いたい

と、ささきは考えています。


ささきのこころ 店頭.jpg











posted by ささき仏壇店 at 16:13| Comment(0) | お仏壇まわりの品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする