2018年07月31日

お盆に関する豆知識 その3

お盆の豆知識その3ということで



今回は迎え火と送り火についてご紹介していきます!



現在では、マンション・アパートも多くなり、玄関先や庭先で火を焚くということができなくなり
迎え火や送り火をするということを知らない方も多いと思います。




火を焚く意味を簡単ではありますが説明していきます。




迎え火とは…

お盆にご先祖様が帰ってくる際の目印として
(迷わないように)
8月13日(7月13日)に行う
玄関先やお墓などで




送り火とは…

ご先祖様が帰っていくときにしっかり見送っているという証として
(安心して帰れるように)
8月16日(7月16日)に行う
玄関先やお墓などで



素焼きのお皿(焙烙 ほうろく)の上で(苧殻 おがら)を燃やす。




というのが一般的ですが焚き方・焚く時期は必ずしもこの時期・この焚き方と
決まっているわけではありません。
事情や都合に合わせて変えていくことができます。




素焼きのお皿(焙烙 ほうろく)の上で、(苧殻 おがら)を燃やすというやり方は
200年以上前の江戸の町でも盛んにおこなわれていました。

※現在ではたいまつなどで行うことが多いです。



無題555.png




ここまでで迎え火と送り火の意味は少しわかってきたと思います。


ではなぜ苧殻をつかったのか?


苧殻とは麻の皮をはいで残った芯の部分のことを言います。
麻は古来より清浄な植物として考えられてきました。。。
そのため、悪いものを寄せ付けず、燃やすことで清浄な空間を作りだすとも
言われています。



苧殻を燃やすのはそういった意味が込められています。

※神社のしめ縄にも使われたりしています。




余談ではありますが…



お盆に提灯を飾るのも迎え火・送り火と同じ意味を持ちます。



そして精霊流しや五山の送り火は送り火としての意味を持ちます。


thA0DX2JNQ.jpg




thJA9UDRBT.jpg




昔からある行事ごとには必ず意味があります。



少しづつでよいので伝えていくことが大切だと思います。



posted by ささき仏壇店 at 10:08| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

夏を楽しむ♪

突然ですが・・・

あなたにとって「夏」といえば???





夏といえば、

夏祭り、海水浴、キャンプ、高校野球・・・

ワクワクすることがたくさん思い浮かびますが、


「夏といえば、ビール♪」

と答えるビール好きな方もきっと多いことでしょう!


そんな方におすすめなのがこちら☆


能作8.jpg



富山県高岡市にある、「能作」さんのビアカップ!


純度100%の錫(すず)で作られています。


錫の特性として、抗菌作用や熱伝導率が高いことが挙げられます。

なので、冷たいビールを注ぐとより冷たく感じ、

表面がざらっとしているからか、泡がきめこまやか


能作6.jpg



実は、私もこの夏から愛用し始めたのですが、

味までおいしくなっている気がして

購入してみて大正解でした


ただ、ビールが美味しすぎてビールの消費量が増えてしまうことが

唯一の難点です・・・(笑)




ビール党の方に節目のお祝いとしてプレゼントされても

とても喜ばれると思います。

能作7.PNG



カップのサイズは数種類あるので、焼酎や日本酒好きな方も

もちろんどうぞ!

能作 ぐい呑み3.jpg


焼酎や日本酒は、「味がまろやかになる」と評判です。

キリッと冷えた冷酒が飲んでみたくなりますね!




また、この季節にぴったりなのが

「風鈴」。

能作4.jpg


店頭にも飾っていますが、

「リーン」と澄んだ音色に癒されます。


能作5.jpg


今年の夏は、ことのほか厳しい暑さの毎日ですが、

水分補給や体調管理に気を付けながら

暑いからこそのお楽しみを見つけつつ、

夏を元気に乗り切りたいですね!



ちなみに、ビールを美味しく飲みたいために

夕方頃から水分を控えるのは

健康管理としてはダメだそうなので

気を付けましょう☆



今日のブログは、仏壇店らしからぬ(?)内容でしたが、

お仏壇・仏具以外にも、

身体にいいもの、日本の文化や職人さんの技を感じられるもの、

五感に心地よさを感じるもの

を様々取り揃えております。


お気軽にお立ち寄りくださいませ








posted by ささき仏壇店 at 14:56| Comment(0) | 和小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

お盆の豆知識 その2

前回に引き続きお盆に関する豆知識をご紹介したいと思います。



今回は…精霊馬について!



精霊馬とは…

みなさんお盆の時期にこんなものを見たことはありませんか?



01142-450x337.jpg



きゅうりとなすに割りばしで足を作ったもの。


昔はどこの家でもお盆の時期に用意していたようですが、今ではあまり見なくなりました。。。
見たことない方も多いと思います。


このきゅうりとなすにはこんな意味があります!



かつて機械などまだなかった時代、、、


牛や馬は農耕生活には欠かせない動物で、人が生活するうえでかなり密接な関係にありました。


お盆に飾る牛や馬はそうした生活を反映したもので、お盆の時期には牛や馬を休ませ
丈夫であるように祈ったともいわれています。



馬はキュウリ・牛はナスに見立ててつくり(形が似ていた為)



これを盆棚に飾る習慣は江戸時代にはすでにあったらしく、小林 一茶の句にも登場していたようです。




お盆の時期になるとご先祖様が



キュウリの馬に乗って急いで帰ってくる
ナスの牛に乗ってゆっくり帰っていく


と言われているため、お盆の時期に精霊馬を作りご先祖様をお迎えする



という意味があります。




最近では精霊馬の形をしたローソクなども出ています。



img62244655.jpg




精霊馬がないとご先祖様が帰ってこれない…というわけではないですが


ご先祖様をお迎えするために、ぜひ1度作ってみてはいかがでしょう。




※地域によっては馬がナス・牛がキュウリというところもあるようです。
posted by ささき仏壇店 at 16:58| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

お盆についての豆知識

今回はお盆についての豆知識を少しではありますが載せたいと思います!


7月に入りもうすぐ夏休み!!
社会人の皆様にとっては ¨うらやましい…¨ ¨なつかしい…¨ ものでしょう。


夏に入って唯一の長期休みといえば¨お盆休み¨!
旅行に行ったり、家でゆっくりしたりと皆様それぞれのお休みをお考えだと思います。


無題1.png


でわ¨お盆¨とはなにか?



¨お盆¨とは、ご先祖様の霊を迎えるため行う行事。
お墓参りやお仏壇をお飾りしたり迎え火を焚いたり…というイメージがあると思います。


日本で初めてお盆行事が行われたのは、606年といわれています。
聖徳太子のいた時代です。


ですが日本では元来祖霊信仰があり、お盆とお正月の時期はご先祖様の霊が帰ってくると言われていました。
仏教が伝来する以前からご先祖様を迎える行事はあったようです。



仏教行事としてのお盆の正式名称は『盂蘭盆会』(うらぼんえ)と言い、これが略されてお盆となりました。


『盂蘭盆会』とは、古代インドで生まれ、その主人公は目蓮尊者(もくれんそんじゃ)です。
目蓮尊者はお釈迦様の有名なお弟子さんの一人です。


無題2.png



目蓮尊者は¨神通力¨に優れており、その神通力で冥界にいる父母がどうしているかを見ます。
しかし…そこで見たのは¨餓鬼道¨に堕ちた母の姿でした。



目蓮尊者は母を助けるためにお釈迦様に相談をしました。
すると

「7月15日、僧侶の雨季の修行が終わるその日、ご先祖様のために多くの供物を供え祈願しなさい」


これを目蓮尊者は実行し母は餓鬼道から助かったと言われています。
これが仏教行事の¨お盆¨の起源です。


7月15日は旧暦にあたるため、現在は新暦の8月13〜15日をお盆としています。
(※7月にお盆行事をする地域も多くあります)



お盆の時期は、お仏壇やお墓をきれいにし、帰ってきたご先祖様のために
お供えをしてみてはいかがでしょう。


なにげなく¨お盆¨と言っていても意味を知るとまた見え方が変わってくると思います。


posted by ささき仏壇店 at 17:55| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

打敷も衣替え

お盆を迎える準備として、

「打敷」を夏用にすると、目にも涼やかです。


特に、紺色などの色味の打敷は

重厚な雰囲気でステキですが、

夏には少し重たく感じるかもしれません。



夏用の打敷の生地は「紗」や「絽」などで

薄く透け感があり、色も淡い色調です。


夏用打敷4.jpg



夏用打敷1.jpg



打ち敷3.jpg



打敷 夏用.jpg



夏が年々暑くなってきている気がしますが、

イ草の座布団や夏用の打敷を取り入れて、

仏様にもお参りの方にも

少しでも涼を感じていただけるといいですね



金仏壇や唐木仏壇はもちろんのこと、

家具調のお仏壇に合う打敷も取り揃えております。


お気軽にご来店くださいませ☆




posted by ささき仏壇店 at 15:21| Comment(0) | お仏壇・お仏具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

イグサを使った御座布団

7月に入り台風が多くなってきました。


気温も湿度も高くなりむしむししてまいりました💦


学生さんは夏服、社会人はクールビズ!!
もうほとんど衣替えもし終わったころだと思います。


お盆も近づき、あわただしくなってくる頃…


お寺さまがお参りに来た際に使う御座布団!
実はこれにも衣替えがあるんです。。



『いぐさ』を使った御座布団をご紹介します。


image1[1050].jpeg


『いぐさ』は植物とは思えないほどの強靭さを誇り、昔から畳などの素材として私たちの身近にありました。



そして『いぐさ』の特徴として湿気を吸ったり、吐いたりできるという点です。
湿気の多い日本の夏にはこれ以上ないくらい適しています!


最近では種類も増え、デザインもモダンになってきています。
image1[1042].jpeg


IMG_0335[1049].jpg



桜柄を織り込んだもの!



IMG_0337[1041].jpg



このようなモダンなものまで。
各家庭の雰囲気に合わせてお選びすることができます。


新しいものではリバーシブルのものまで。。。
夏用、冬用に使い分けることができます!


image1[1040].jpegIMG_0339.jpg



お座布団のお衣替えをご検討中の方はぜひ1度ご覧ください。
『いぐさ』独特の香りもあり気分も少しはやわらぐかと思います。
posted by ささき仏壇店 at 12:24| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする