2018年06月28日

清蓮灯 〜蓮のろうそく〜

そろそろ蓮(はす)の花の見頃を迎える頃となりました。


蓮の花言葉は「清らかな心」だそう。

極楽浄土へ導く如来様の乗り物としても知られ

仏教とはゆかりが深い花でもあります。


今日はそんな蓮の花をかたどった

ろうそくを紹介いたします



清蓮灯2.jpg


大小の蓮の花のかたちのろうそくが4つと、

蓮の葉がセットされています。


灯りをともすとこのような感じに。


清蓮灯3.jpg


パッケージも素敵です☆


清蓮灯1.jpg



蓮は、真水のようなきれいな水の場所では

小さな花しか咲かないらしく

泥水が濃いほど、大輪の花が開くそうです。



「泥水」は、人生に置きかえると

「つらいこと」「悲しいこと」

といえるのかもしれません。



そんな、つらく悲しいことこそが

のちのち、大輪の花 = 幸せ

への糧となるということなのかもしれませんね。






蓮の花は早朝に開花し、午前中のうちに

つぼみに戻ります。


蒸し暑い梅雨のさなかではありますが、

早起きして、清々しい朝の空気を感じながら

蓮の花をめでてみませんか?


大分では、臼杵石仏や宇佐神宮が

蓮の花の名所として知られていますよ!



IMG_8293.JPG



 








posted by ささき仏壇店 at 14:34| Comment(0) | お線香・お蝋燭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: