2018年07月15日

お盆の豆知識 その2

前回に引き続きお盆に関する豆知識をご紹介したいと思います。



今回は…精霊馬について!



精霊馬とは…

みなさんお盆の時期にこんなものを見たことはありませんか?



01142-450x337.jpg



きゅうりとなすに割りばしで足を作ったもの。


昔はどこの家でもお盆の時期に用意していたようですが、今ではあまり見なくなりました。。。
見たことない方も多いと思います。


このきゅうりとなすにはこんな意味があります!



かつて機械などまだなかった時代、、、


牛や馬は農耕生活には欠かせない動物で、人が生活するうえでかなり密接な関係にありました。


お盆に飾る牛や馬はそうした生活を反映したもので、お盆の時期には牛や馬を休ませ
丈夫であるように祈ったともいわれています。



馬はキュウリ・牛はナスに見立ててつくり(形が似ていた為)



これを盆棚に飾る習慣は江戸時代にはすでにあったらしく、小林 一茶の句にも登場していたようです。




お盆の時期になるとご先祖様が



キュウリの馬に乗って急いで帰ってくる
ナスの牛に乗ってゆっくり帰っていく


と言われているため、お盆の時期に精霊馬を作りご先祖様をお迎えする



という意味があります。




最近では精霊馬の形をしたローソクなども出ています。



img62244655.jpg




精霊馬がないとご先祖様が帰ってこれない…というわけではないですが


ご先祖様をお迎えするために、ぜひ1度作ってみてはいかがでしょう。




※地域によっては馬がナス・牛がキュウリというところもあるようです。
posted by ささき仏壇店 at 16:58| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: