2018年11月21日

水引タペストリー

水引は、和紙の紙縒り(こより)に水糊を引いて固めたことから


こう呼ばれ、古くは遣隋使の時代の答礼品に紅白に染め分けられた


麻が結ばれており、それが変化し現在の水引となったそうです。



祝儀袋.jpg






そんな日本の贈答文化から発展した水引と


着物をルーツとした京都の染色工芸が


結びあってできたのが、「水引タペストリー」。



お正月にぴったりの柄の水引タペストリーが


入荷致しました☆



水引タペストリー6.jpg



箱を開けるとこんな感じ。


水引タペストリー3.jpg



タペストリーと水引がセットされています。


水引タペストリー4.jpg


水引で、「日の出」「富士山」「雲海」


がデザインされており、ぼかし染めのタペストリーにセットすると


雲海に浮かび上がる富士山のご来光に。



水引タペストリー1.jpg




水引タペストリー6.jpg




サイズは横10p、高さ60pと少し小ぶりで


シンプルなデザインなので


どんなインテリアのお部屋にもマッチします




ご縁を結ぶ「水引タペストリー」



年末年始のご贈答品としてもオススメです。



ただいま、店頭にてディスプレイしていますので


実際の質感などをぜひお確かめくださいませ☆





posted by ささき仏壇店 at 16:20| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: